当館のWebサイトは、Internet Explorer 6 / Internet Explorer 7 では全ての機能がご利用出来ない場合がございます。全ての機能をご利用になりたい場合は、最新のブラウザでご閲覧ください。

北陸・加賀 やましろ温泉

木のぬくもり 葉のやさしさ 葉渡莉

ご予約はこちら

かわらばん@山代温泉

葉渡莉のスタッフブログ

【スタッフイベント】 加賀の蟹汁であったまらんけ

こんばんは、カトウです。

先月の<ハロウィン仮装>、<秋の収穫祭>に続いて

今月もイベントやります。

しかも明日。

11月と言えば蟹のシーズンの始まりです。

ので、蟹イベントです。

蟹汁振舞いのイベント↓


カニ漁解禁記念「加賀の蟹汁であったまらんけ」です。

明日当館にご宿泊のお客様に先着で蟹汁をサービスいたします。

おかわりは1杯100円いただきます(w。

さて、

ここ数年で20回位やっているスタッフイベントですが、

今までは全て葉渡莉館内でやって来ました。

腕相撲葉渡莉場所>も<愛をさけぶ>も<書初め>も何も全て。

ところが、

今回の蟹イベントは葉渡莉を飛び出します。館外です。

と言ってもすぐ近くです。

葉渡莉はす向かいのギャラリー&ビストロべんがらやで行います。

この白いのれんが目印です。

ここの店頭で行います。

蟹汁のいい匂いと湯気がもくもくするべんがらや店頭でお待ちしております。 カトウ

スタッフイベント「加賀の蟹汁であったまらんけ」

日程:11/8(土)
時間:15時30分~17時30分
会場:べんがらや店頭  ※荒天時は館内で行います。

当日葉渡莉にお泊りの方、べんがらやをご利用の方には1杯無料サービス!
追加およびその他のお客様には1杯100円にて販売致します。
数量に限りがございます。なくなりましたらイベント終了となりますのでお早目に!

【ご予約受付開始!】 瑠璃光・葉渡莉特撰「加賀おせち」

こんにちはカトウです。

10月も早後半に入り、葉渡莉館内では「ハロウィン」や「秋の収穫祭」など

この時期ならでは設えやイベントを実施してきました。

いやはや今年も残すところ2ヶ月ちょっと。

・・・あの季節がやって来ます。

そうです!おせちの季節がやって来ました。

今年で4年目となる瑠璃光、葉渡莉のおせち。

当初は瑠璃光、葉渡莉の館内のみでの販売でしたが

昨年から通販サイト<加賀逸品じわもんや>でも販売を始めました。

今年ももちろんやりますおせち。

今年は3年間のお客様のご意見をその内容に

取りこんだ瑠璃光・葉渡莉ならではのおせちです。

瑠璃光・葉渡莉特撰「加賀おせち

加賀おせち。過去3回とは違います。こだわりの加賀おせちです。

どこが、何が、何故加賀なのか?

詳しくはまた後日。

ネットでのご注文はこちらから↓

加賀逸品じわもんや 瑠璃光・葉渡莉特撰「加賀おせち」

ご予約お待ちしております。

【今月の料理 9月】 山海の恵み・初秋

9月に入りすっかり秋らしくなってきました。

ここ山代も朝晩は少し肌寒く感じ位です。

さて、今月のお料理は

「山海の恵み・初秋」と題しまして、

初秋の素材満載で目でも舌でも秋の始まりを

感じていただく内容になっています。

当館のfacebookに掲載しましたものも含めまして

今月のお料理をご紹介します。

最初はこちら↓

「のど黒と松茸朴葉包み焼」

今月上旬に日本中が沸いたテニス全米オープン準優勝の
錦織圭選手も大好物というのど黒の焼物です。
秋の味覚松茸と一緒に朴葉包み焼きにしました。
朴葉包には昆布が入っていてその出汁が効いています。

続いては↓

「豊年饅頭」

加賀の地でもお米など収穫の時期を迎える9月。
こちらの煮物は収穫期の豊作を願う一品です。
ペーストにした旬の小芋に蓮根を入れたお饅頭の煮物です。

こちらは「甘鯛の焼き浸し」

今月解禁になった底引き漁で揚った甘鯛の焼き浸し。
鯛の下の玉〆は、出汁は甘鯛のアラでとっています。
目でも舌でも楽しんでいただきたい一品です。

「金時草白和え」

加賀野菜の一つでその色と独特の食感が
特徴の金時草は白和えで素材の味そのものを楽しんでいただきます。
画像に見えるあざやかな紫色は金時草の出汁のゼリー掛けの紫です。

最後にこちら↓

「米茄子釜 地野菜おひたし」

くり抜いた米茄子を揚げて器にした冷たい煮物。
茄子の器の中には加賀蓮根、芋茎など地元産の
野菜のおひたしが入ります。
出汁でのばした湯葉掛けでお召がり下さい。

以上今月のお料理のご紹介でした。

月替わりのお料理は当館の魅力の一つ。

来月はどんな品書きになるかお楽しみに! カトウ

【今月の料理 6月】 加賀・山代さみだれ会席

葉渡莉facebookで紹介してきました

当館の6月の料理。

facebookにない品も含めて

このブログでまとめてご紹介します。

今月のテーマは

「加賀・山代さみだれ会席」

雨が多いのこの時期の

地元漁港の鮮魚と加賀の野菜でおもてなし。

素材の良さを活かし、葉渡莉らしく手をかけてお出しします。

まずはこちら「御造り 鮮魚の盛合せ」

高級魚のど黒を御造りで。
白身魚のトロと言われる身の柔らかさがたまりません。
梅貝、甘海老は地元漁港産のモノを使っています。

続いて煮物を2種ご紹介。

こちらは「煮物 加賀太胡瓜打木南瓜射込み」

煮物は冷温一品ずつ。
冷たい煮物(写真手前)は加賀野菜・太胡瓜をくり抜いて、
こちらも加賀野菜・打木南瓜(ウツギカボチャ)をペーストにして詰めました。

もう一種がこちら「煮物 白芋茎胡麻クリーム あいなめ黄身煮」

こちらも冷温一品ずつのセット。
あたたかい煮物(写真手前)は地元橋立漁港産の
あいなめを黄身煮にしてお出しします。
あいなめの下にひいた加賀蓮根の餡でお召し上がりいただきます。

続いて「焜炉 牛朴葉焼」

青い朴葉を使った珍しい牛の朴葉焼。
地元産のトマトと一緒に特製合わせ味噌で焼き上げます。
青い朴葉の香りと特製味噌の風味がお肉によく合う一品です。

料理が変わるごとに我々スタッフは<試食会>を行っていますが、
今月の人気を二分した一つがこの「牛朴葉焼き」でした。

「焼物 のど黒レモン焼 泥鰌(ドジョウ)醤油焼き」

高級魚のど黒はレモン焼きに。
骨を抜いた泥鰌の醤油焼きは郷土料理の一つ。
地物野菜のおひたしは煎りおかかを
土に見立てて野菜畑をイメージしています。

そしてこちらが、今月スタッフ間の人気を二分した
もう一つのした。<白身魚のトロ>ことのど黒は焼いても絶品!

「食事 加賀産こしひかりの釜飯」

もちもちとした食感と甘みが特徴の加賀コシヒカリの釜飯。
季節の新生姜、キャベツに加え写真に見える<白海老>とを
一緒に炊きこんだ北陸ならではの贅沢釜飯!

個人的には今月の一押しなのがこちらです。

最後に今月は水物(デザート)もご紹介。

「抹茶ティラミス 焼フレッシュフルーツ」

注目です。すいか、キュウイなどフルーツを焼きます。
写真の<炎>分かりますか?
実際は蓋をして蒸し焼きにするのですが、これがいけるんです。
この焼フルーツ、お客様には味も見た目も大好評です。
抹茶ティラミスの上には<蛍>をあしらった黒豆もいますよ。

以上当館6月の料理のご紹介でした。 カトウ

【スタッフイベント】 サッカーワールドカップ 日本VSコートジボワール パブリックビューイング

こんにちは、カトウです。

当館葉渡莉では私たちスタッフがアイデアを出して

イベントをやっております(不定期ですが)。

3月は「ひな祭りフェア」、

2月は「葉渡莉の中心で豆をまいて「鬼は外」をさけぶ」等々。

そして今回数か月ぶりに開催となったわけですが、

2014年6月と言えば<サッカーワールドカップ>です。


(画像はネット上からお借りしました)

世界の祭典です。

当館にもサッカー好きがたくさんおりまして私もその一人。

大注目の日本の初戦は6/15(日)。

キックオフは午前10:00。

6/14(土)にご来館のお客様!

ご出発を遅くして日本代表を当館で応援しよう!

6/15(日)にご来館のお客様!

ご来館の時間を早くして日本代表を当館で応援しよう!

6/15(日)午前10時。萩の棟1Fの<ラウンジはづ木>がスタジアムになります。

そうです。パブリックビューイングを行います!

当日はラウンジはづ木でワールドカップにちなんだメニューを用意予定。

日本代表選手と苗字が同じ方や

代表ユニホームなど応援コスプレでご参加の方にはドリンク一杯無料サービス!

また、

コートジボワールの方、もしいらっしゃいましたらドリンク何杯でも無料サービス!

日本中が沸き上がるこの一戦葉渡莉で観戦しよう!

一部スタッフは6/14(土)ワールドカップコスプレで皆様をお出迎えしますよ。  カトウ

スタッフイベント 「サッカーW杯  日本VSコートジボワール パブリックビューイング」
日程:6/15(日)
時間:午前10時~
会場:萩の棟1Fラウンジはづ木
参加無料 ドリンクなどは有料です。

※ご参加希望多数の場合、人数制限をさせていただきます。予めご了承ください。
※6/14(土)ご宿泊のお客様 チェックアウトを済ませてからのご参加お願いいたします。
※6/15(日)ご宿泊のお客様 チェックイン、お部屋への案内は15時からとなります。ご了承ください。

【今月の料理 5月】 旬素材を楽しむ やましろ初夏の味

葉渡莉facebookで紹介してきました

当館の5月の料理。

このブログでまとめてご紹介。

5月のテーマは

「旬素材を楽しむ やましろ初夏の味」。

5月は暦の上では初夏。

この時期に出まわる加賀の食材の良さを

たっぷり味わっていただきく品の数々です。

まずはこちら↓

「先付 鱧落し、雲丹釜」

初夏の訪れと供に旬を迎える鱧は梅の加減酢で。
雲丹釜の中の湯葉豆腐には新緑をイメージした
アボガド白和えをかけ、その上を石川名産の銀箔で飾りました。

続いてこちら↓

「煮物 甘鯛加賀蓮根蒸し」

甘鯛と加賀蓮根を湯葉で包んで煮込みました。
蓮根に加え太胡瓜、金時草など加賀野菜が詰まった一品。
卵白餡の上にはこちらも石川名産の金箔をあしらっています。

この二品に使われている銀箔、金箔はどちらも石川産。
そしてそのどちらも石川県が国内生産の99%のシェア。
ちょっと自慢です。

こちらは
「焼物 のど黒柚庵焼 初夏の野菜畑」

高級魚のど黒は旬の柑橘類を使って幽庵焼きにしました。
初夏の地物野菜はおとし梅でお召上がりいただきます。
煎りおかかを土に見立てて野菜畑をイメージしています。

最後はコレ

「煮物 新玉葱玉締め」

初夏の新玉葱を玉締めにして卵白餡を
のせてお出しします。香り付けには柚子胡椒を。
新玉葱の素材そのものの甘みを味わっていただきたい品です。

どれも当館が自信を持ってお客様にお出ししている
品ですが、今月の私のおすすめはこの「新玉葱の玉締め」
新玉葱のほんのすこしの辛みがたまらない品です。

以上当館5月の料理ダイジェストでした。 カトウ

【おすすめ】 春の散歩道

はい、本日から世の中ゴールデンウィーク。

大型連休を利用して当館にいらっしゃるお客様も多数。

皆様ありがとうございます。

せっかく加賀、山代に来ていただくのですから

今日は当館周辺のおすすめ散策スポットを

ご紹介したいと思います。

いずれも当館から徒歩圏内の気軽に行けるところばかり。

まずはこちら↓


古総湯 -当館から徒歩5分-

明治の設えを復元した古総湯。
天井から空を眺めながら入浴する総湯。
地元民が愛する温泉です。
当館からお出かけの際には<湯かご>の貸出しを行っております。


こちらがその<湯かご>。

続いて↓

足湯 -当館から徒歩5分-

1300年前に一人の僧が傷を癒すヤタガラスを
見つけたと言われるのがこの場所。
山代温泉の源泉です。飲湯も可能です。


こんな感じで<湯かご>も一緒に...。

そして山代と言えば『九谷焼』。

九谷焼を扱うところ数あれど、当館のおすすめはこちらは↓

須田菁華(すだせいか) -当館から徒歩3分-

かの北大路魯山人が学んだ由緒ある窯元。
昔ながらの薪窯で焼成された作品が
風格ある店内に数々並んでいます。

この場で作品を紹介したいところですが、
「百聞は一見にしかず」。
皆さんの目で確かめてください。素晴らしいですよ!

次は北大路魯山人つながりの↓

いろは草庵 -当館から徒歩10分-

北大路魯山人が大正時代に生活した場所。
仕事部屋や書斎、山代の旦那衆と語り合った
囲炉裏の間等が公開されています。

いろは草庵近くにあるのが↓

服部神社 -当館から徒歩8分-

機織の神を祀るとされる神社。
境内には巨木が林立し、夏でも涼しげ。
夜には鳥居に向かう石段が美しくライトアップされます。

というように、当館からほど近くのところに

加賀、山代ならではの見所がたくさんあります。

最後に、散策にある疲れたらこちらでお茶を↓

ギャラリー&ビストロべんがらや 当館はす向かい

淹れたての「サイフォンコーヒー」や
「献上加賀棒茶セット」がおすすめ。

ギャラリーには↓

他ではなかなか見つからない面白い作品がたくさんあります。

連休中はお天気まずまずのようなので是非お出かけください。  カトウ

【山代音泉ライブサーキット】レポート

こんにちは、ブログ担当の飯村です。

 

全国的に注目を集める「音泉温楽」とのコラボレーションイベント、

かつ加賀温泉郷フェスのプレイベントとして、

先日3月29日(土)に【山代音泉ライブサーキット】が行われました!

山代温泉内の各所で、複数のアーティストが一箇所ずつ音楽ライブを行う、というこのイベント。

場所も「べんがらや」、「古総湯」、「はづちを楽堂」など

山代温泉の主要観光スポットがずらり。

アーティストも個性と実力あるその顔ぶれに、それぞれの会場は大盛り上がりでした。

 

私もスタッフとして、他会場のことも気になりつつ、主に会場のひとつの「べんがらや」に待機。

べんがらやでは、HALCALIのHALCAさんによるライブが行われていました。

実は同じ日、HALCAさんによる写真展も行われていたべんがらや。

天井から吊るした写真たちがいい感じにライブ空間を彩っています♪

30分間という短い間でしたが、

HALCAさんの優しい歌声に癒された観客の皆さんは

夢見心地な表情で最後までライブに見入っていたように思います。

かくいう私も、一刻も早い音源化を希望しています(笑)

↑べんがらや前にて。温泉通りのHALCAさんファンの方も駆けつけてきてくれました。

 

HALCAさん、有難うございました!

 

さて、続いて葉渡莉から徒歩約5分の「はづちを楽堂」では、

姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のお2人がライブを開催!

妹のももさんがボーカル、

姉の小春さんがアコーディオンを努めるチャラン・ポ・ランタン。

ももさんのこぶしの効いた歌声とアコーディオンの音色が楽堂内にこだまします。

↑妹のももさん。なんとまだ20歳とのこと!すごい!

↑姉の小春さん。アコーディオンを弾く姿が超素敵です!

(個人的にヘッドドレスのふくろう、ツボです!笑)

 

積極的に客席へ入ってく(≒絡んでいく)ももさんと、

小春さんの絶妙のトークで魅せる「ショウ」、楽しませていただきました!

お2人とも、有難うございます♪

 

さてさて続いては、はづちを楽堂からほど近い「古総湯」2階にて、

大森靖子さんのライブ!

ステンドグラスが太陽光に透ける会場で、

大森靖子さんの弾き語りライブがスタート。

会場は大森さんファンの皆さんはじめ、観客の皆さんの盛り上がりがすさまじく、

某スタッフによると、近くを警察の方が通りかかったときは

怒られるんじゃないか・・・と心配するほどのものだったとのこと(笑)。

↑甘い外見と激しい音楽とのギャップが魅力的な大森さん。有難うございました!

 

続いては、山代内のおしゃれなカクテルバー「SWING」にて、

前野健太さんのライブ!

前野さんの雰囲気と会場の雰囲気が驚くほどよく合っています。

ライブ自体は昼間でしたが、ドリンク片手に

ギターの音色と前野さんの歌声に浸れるなんて、うらやましい限りです。

 

最後の一組は、昨年の加賀フェスでもおなじみビッケとカツマーレーのお2人!

会場は当館の大宴会場にて行われました。

ビッケとカツマーレーと加賀温泉郷といえば、そう。

 

『こんがんきまっし、加賀温泉』でしょう!

 

曲名の通り、加賀を舞台にした歌詞と懐かしさを誘うメロディーで、

当館の社長をはじめこの曲を聴いた加賀人すべての心を魅了した曲です。

(ちなみにお2人の後ろのホワイトボードには『こんがんきまっし、加賀温泉』のサビが書かれています)

浴衣姿でお酒を飲みながら、宴会スタイルで楽しむのがビッケとカツマーレー流のライブ。

 

和やかな雰囲気の中、これにて第1部は終了し、

続いて5組のアーティスト全員が揃う第2部が開催!

葉渡莉の大宴会場が一気にライブハウスに変わりました。

 

第2部終了後には、葉渡莉の「クラブ21」にて

大カラオケ大会が行われ、またしても盛り上がり、最後に1枚パチリ。

 

アーティストの皆様、スタッフの皆様、

そして1部・2部にご参加いただいた多くのお客様、

本当にお疲れさまでした&有難うございました!

【ひなまつりフェア】が行われました!

こんにちは、ブログ担当の飯村です。

おととい3月1日の土曜日に、

少し早いひなまつりを祝うイベント【ひなまつりフェア】を行いました♪

ひなまつりにちなみ、甘酒とひなあられのふるまいと、

簡単なクイズで早春のひとときを楽しんでもらおう、という催しです。

 

いつもは入口より奥まったところにあるラウンジ「はづ木」で行うこのイベントですが、

今年は「もっと沢山のお客様に楽しんでもらおう!」とちょっと欲張って、

フロント前ロビーにある「浮き舞台」で行うことにしました。

 

当日は桃の節句らしく、浮き舞台に飾る花も全て桃の花に変更。

さらに、「BGMも欲しいよね」ということでお琴の先生をお呼びして、

ひなまつりらしい、春らしいわらべ歌の生演奏を行っていただきました。

日本的で典雅な響きがロビーに広まり、館内の雰囲気が一気に春めきました。

中には椅子に座ってしばらく聴き入るお客様も。

かくいうわたし飯村も、普段はあまり聴く機会の無い琴の音色に

うっとりと聴き惚れてしまいました。

 

そんな琴の音色の中、お越しいただいたお客様には

ひなあられと甘酒を召しあがっていただきました♪

ひなまつりの歌に『少し 白酒 召されたか』とあるように、

本来であればアルコール入りの白酒がひなまつりの伝統的な飲み物ではありますが、

今回はお子様はじめ皆様に飲みやすいよう、

ノンアルコールの甘酒(金箔入り!)を総料理長に作ってもらいました。

お米の甘さがしっかり出ているのですが後味は驚くほどすっきりとしていて、

甘酒が苦手な某社員も、試飲した際「これなら飲める!」と絶賛しておりました。

 

料理長手作りの甘酒を召し上がったお客様は、

「これは美味しい!」

「金箔が入っているのもお祭りらしくて素敵」

など、少し早い春の1日を満喫していただいたようで、

今回のイベント担当だった私もほっとひと安心でした。

あまりに好評だったため、

3月1日に用意していた分の甘酒は有難いことに全部出てしまい、

料理長に追加で作ってもらうことになったのはここだけの秘密です(笑)

 

お越しいただいた皆様に、この場を借りて心より御礼申し上げます!

また、今後とも季節ごとにイベントを行ってまいりたいと思いますので、

ぜひこれからも楽しみにしていただけましたら幸いです。

【帰ってきたスタッフイベント】 葉渡莉の中心で豆をまいて「鬼は外」をさけぶ 終了!

昨日急遽復活したスタッフイベント。

数ヶ月ぶりでしたが、お陰様でたくさんのお客様に

ご参加いただき、お褒めの言葉まで頂戴してしまいました。

ありがとうございました。

こういう案内をつくるのも数か月ぶり。

ご来館のお客様皆さんに気づいてもらいたく、フロント前に置きました。

豆まきということで

豆(じゃないモノもありましたが)と、

鬼(のコスプレ)を用意。

鬼に扮するNさんが着用↓

準備整いました。お似合いです。上の写真のモデルさんよりお似合いです。

今回の企画者はフロントFさんでイベントのタイトルが

<葉渡莉の中心で、豆をまいて「鬼は外」をさけぶ>

このフロントFさんが前回企画したイベントは

葉渡莉の中心で、太鼓をたたいて愛をさけぶ

とタイトルをかぶせてきました。

なのでイベントのチラシもかぶせてみました。

    

手を抜いたわけではないです。Fさんに乗っかりました。

さて、本番。

一向一揆太鼓ショーの後ですから↓

たくさんの方がそのままイベントにご参加。

その中から年男・年女のお客様に順にステージに上がっていただき、

   

はい、鬼登場。これが大うけ。

こんなにうけとるは思いませんでした…くらいな爆笑。

「鬼は外」の掛け声とともに豆まき開始!

   

まさかのオーバースロー豆まきに鬼、逃げまどいます。

   

   

客席のお客様からも「鬼は外」のさけびが聞こえてきました。

その後は午年生まれに限らずご希望の方にもご参加いただき大盛り上がりでした。

最後には↓

   

何故か鬼と腕相撲まで始まりまして、鬼連戦連敗。

豆をまかれ、腕相撲に負け、鬼はいそいそ退散。

これで皆さんの厄払いもOKということで終了となりました。

ご参加いただいた皆さん本当にありがとうございました。

このイベントに参加していただいたことを思い出に

持ち帰っていただければ嬉しい限りです。 カトウ